WAREHOUSE|ウエアハウス

MENU

BRANDS

ホーム  »  ブランド紹介
BRAND CONCEPT

限りなきディティールの追求

ウエアハウスは1995年の創立以来、
ファッションという流行に左右される業界に在りながら、決してそれに流されない、
「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。
縁あって出遭った一着のヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、
糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究。
さらに、生産された当時の無骨さや、匂いなどの風合いを消さない
サイズアレンジにも取り組んでいます。
一着のヴィンテージ古着との出遭いがある限り、我々の探究心が尽きることはありません。

ウエアハウスは「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けるブランドです。
ウエアハウスの衣料はデザイナーズブランドではありません。
それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように、
誰が作った衣料であるか分からないからこそ、
その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。

ヘラーズカフェは、ヴィンテージクロージングの観点からみた
アメリカの歴史を誰よりも知るラリー・マッコイン氏と、
19世紀のアメリカのヴィンテージクロージングのプロダクツを研究する
ウエアハウスのコラボレーションブランドです。

» HELLER'S CAFE オフィシャルサイト

1920年代~1970年代までアメリカに実在したデニムブランド、「COPPERKING」。
カッパーキングは、開拓のアメリカを象徴するカウボーイを対象にした
ジーンズやデニムジャケットを製作しており、
イメージキャラクターは、世界的に幸運を呼ぶものとして有名なルースター(鶏)です。
ジーンズがワークウェアの武骨なテイストから、ファッションアイテムへと昇華した繁忙期に、
オーセンティックなジーンズとして存在したその歴史を継承し、
1970年代から日本で商標を維持している大野衣料の協力のもと、
ウエアハウスが現代のオーセンティックデニムを作り出します。

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING