WAREHOUSE|ウエアハウス

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  フェードが魅力の先染めインディゴTシャツ
ウエアハウスインディゴTシャツ

フェードが魅力の先染めインディゴTシャツ。

ジーンズのように色落ちをTシャツでも楽しみたい。デニム好きなら、そう思っても不思議ではない。そんな貴方にオススメしたいのが、インディゴ染めのTシャツ。組織が違うので、ジーンズのようにタテ落ちとはいかないが、着こむことで経年変化し、自分だけのエイジングを楽しめるのだ。

「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」をコンセプトに、日本のリプロダクトシーンを牽引してきたウエアハウス。ブランドの顔であるデニムのノウハウを活かして、実は’90年代からインディゴ染めのTシャツを展開している。ここのTシャツの特徴は、先染めであること。この手のTシャツは、製品になった段階で染める後染めというケースがほとんど。効率こそいいが、どうしてもベタ塗りのような状態になってしまう。
一方のウエアハウスが実践する先染めは、糸の段階でインディゴ染めを施し、その糸を天竺編みする。そのメリットは、深みのある色で、濃淡の自然なムラ感が出ること。そしてこの手間隙がかかる製法にこだわる最大の理由が、褐色した時に独特のコントラストが得られるため。エイジングにこだわるウエアハウスらしいこだわりである。
この先染めという手法は、戦前のアスレチックウエアであるスウェットにも使われていて、時代が進むとともに効率を求めて生地の段階で染められるようになった。このウエアハウスのインディゴ染めTのように、独特の”ちらつき”があり、その褪色具合も後年よりも表情豊かであった。ウエアハウスのインディゴ染めシリーズは、王道のポケットTとワークテイストが香るヘンリーネックTの2型展開。このエイジングサンプルを参考に、着込んでみてほしい

WAREHOUSE / Lot 4053 INDIGO POKET

インディゴ初買いならまずは王道のポケT!

糸からインディゴ染めした先染めと呼ばれる製法を駆使したポケットTシャツ。ほどよく身幅があり、着丈もあるバランスのいいシルエット。先染めならではのチラツキの生地感で、着込むことで、見事なエイジングとなってくれるのが醍醐味。

ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT
ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT
ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT ディティール1

擦れやすく、汗を吸収してくれるリブは、いい感じに濃淡が出て、インディゴ染めならではのエイジングに

ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT ディティール2

こちらは背面。まるで日焼けしたかのようなムラ感のある褪色がたまらない。実に魅力的な経年変化である

ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT ディティール3

ポケット部分は、何度も洗濯を繰り返すことで、パッカリングやアタリが出て、存在感たっぷりとなっている

ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT ディティール4

袖部分も洗濯を繰り返すことで生地とステッチが縮み、いい雰囲気に。アタリが出やすい箇所なので変化も顕著だ

ウエアハウス Lot 4053 インディゴポケットT ディティール5

こちらは裾のディテール。いい感じにムラのあるエイジングになっており、着込むことでステッチが目立つ

PRICE:9,180円(税込)
SIZE:S、M、L

ご購入ページはこちら

WAREHOUSE / Lot 4055 INDIGO HENRY NECK

1枚でもインナーでも使える万能デザイン!

ヘンリーネックは一癖あるインナーとしても使えるし、1枚でも絵になるユーティリティなデザインが魅力。インディゴ染めとも相性が抜群で、よりワークテイストが強まった。

ウエアハウス Lot 4055 インディゴヘンリーネックT
ウエアハウス Lot 4055 インディゴヘンリーネックT
ウエアハウス Lot 4055 インディゴヘンリーネックT ディティール1
ウエアハウス Lot 4055 インディゴヘンリーネックT ディティール2
ウエアハウス Lot 4055 インディゴヘンリーネックT ディティール3

ワークウエアでお馴染みのキャッツアイボタンを使っているのがポイント。先染めならではのチラツキのある生地感は、濃紺の状態でも十分に楽しめる。ほどよくタイトなシルエットなので、インナーとしても着ても、ゴワつかないのもオススメできる理由のひとつ

PRICE:9,720円(税込)
SIZE:S、M、L

ご購入ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING