WAREHOUSE|ウエアハウス

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  ウエアハウスのプロダクツは糸から生まれる
ウエアハウス ホワイトジーンズ

ウエアハウスのプロダクツは糸から生まれる

糸を作ることから始まるウエアハウスのプロダクツ。そのこだわりを具現化したパンツがこのマザーコットンのホワイトジーンズである。

素材感が残したマザーコットン

 デニムは、ロープ染色と呼ばれるインディゴで染まった糸を使用しているが、ウエアハウスが開発したホワイトデニムは、染色前の生成の糸を使って織り上げている。その生地は母なる大地からとれたコットンの風合いを生かしていることに由来し「マザーコットン」と名付けられた。漂白や染色をせず、ネップや茶綿もそのまま紡績したその糸は、G-3と呼ばれる旧式の織機でデニムへと姿を変える。インディゴ染めでもなく、真っ白なホワイトデニムでもない、豊かな表情のこの生地こそ、テキスタイルの作成にイチから携わるウエアハウスらしい一本となっている。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ
WAREHOUSE Lot 800 WHITE JEANS 12oz

抵抗なく穿ける細身のストレートシルエット。腰まわりのフィット感や、膝部分で絞りが効いたラインが特徴。’50年代のアメリカの工業製品としての黄金期の仕様を再現。

ウエアハウス Lot 900 ホワイトジーンズ
WAREHOUSE Lot 900 WHITE JEANS 12oz

股上が浅すぎない程よい深さと、裾にかけてテーパードがかかるスリムなシルエット。裾幅は18㎝とウエアハウスの中で最も細いが、武骨なな佇まいを残している。

インディゴ染めをしない生成のジーンズ

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール1

マザーコットンで仕立てたデニム生地は、両品番共にタテ糸に7番、ヨコ糸に10番を使った12オンス。ヴィンテージの仕様を踏襲した脇割になっているので、ロールアップをしても様になる。セルビッジはウエアハウス定番同様オレンジの糸。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール2

’50年代後半〜をイメージした紙パッチを採用していて、マザーコットンの雰囲気とマッチしている。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール3

「WAREHOUSE&CO」の刻印が施されたオリジナル鉄製ボタンは使いこむほどに錆びが生じる。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール4

生地を打ち抜いたリベットは、鉄製銅メッキのため、メッキが剥がれた部分は錆びが生じ、雰囲気よく経年変化する。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール5

Lot.800の着用シルエット。腰まわりはすっきりとし全体的にスマートな印象を持つストレート。とはいえ決して細すぎないシルエットなので、無骨な印象も程よく残している特徴。※モデルの身長は180㎝、34インチを着用

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ ディティール6

ヴィンテージディテールの王道である隠しリベットの仕様。ミドルオンスなので表側からもその存在感を主張。

ウエアハウス Lot 800 ホワイトジーンズ
Lot 800 WHITE JEANS 12oz

PRICE:20,520円(税込)  SIZE:28~34、36

ご予約ページはこちら
ウエアハウス Lot 900 ホワイトジーンズ
Lot 900 WHITE JEANS 12oz

PRICE:20,520円(税込)  SIZE:28~34、36

ご予約ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING