WAREHOUSE|ウエアハウス

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  ウエアハウスのスタッフに聞いた春コーディネイトの攻略法

ウエアハウスのスタッフに聞いた春コーディネイトの攻略法

マンネリに陥りがちな春コーデを今年こそ脱却したい!!というわけで、違いを出すための着こなしのヒントを、東京、名古屋、大阪のウエアハウス直営店スタッフに教えてもらった。

WAREHOUSE TOKYO

東京店

春夏の新作も入荷中。
物欲刺激される恵比寿の旗艦店

昨年、リニューアルしたばかりのウエアハウス東京店。今まで以上にディスプレイが整理され、欲しいアイテムが探しやすくなったと評判だ。入って右手奥はウエアハウス&ヘラーズカフェの定番デニムがひしめくスペース、左手前はこの季節何枚でも欲しいTシャツの新作が豊富に揃う。ウエアハウスの世界観を体感しながら店内をぐるり。春の物欲が止まらない!!

ウエアハウス東京店

東京都渋谷区恵比寿西1-29-8
TEL 03-5457-7899 11時~20時 無休

ウエアハウス東京店の詳細はこちら
ウエアハウス東京店 ウエアハウス東京店

クラシックな佇まいにグリーンが程よくマッチする東京店の外観。ショーウィンドウの中はウエアハウスの世界観を伝えるヴィンテージの数々

STAFF SNAP
ウエアハウス東京店 コーディネート写真
明るい色目とウエポン使いで、
軽さのある春コーデ

ウエアハウス東京店/浅井耕太郎

ウエアハウス東京店の店長である浅井は、ラフにも上品にも着こなせる万能ウエポンクロスをちょっとロールアップし、こなれ感あるアメカジコーデを体現。クラシックなデニムシャツと、リアルなユーズド加工をあしらったセカンドハンドシリーズのTシャツをブルー系でまとめて、色目も春らしく。

WAREHOUSE
Lot.3076 Triple Stitch Work Shirts

ワークウエアの量産化が確立した’50年代の仕様を再現。この時代ならではのトリプルステッチに、脇マチはセルビッジ。襟裏は2×1綾ならではのグレー地を覗かせた。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.4065 PATCH POCKET T

古着さながらの風合いを醸し出す2nd hand Series(セコハン)Tシャツ。適度に広がったネックラインは快適で、定番モデル4601よりも1サイズ大きくゆったりとした着こなしが楽しめる。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.1082 Chinoes

堅牢度の高い硫化染料を使用したウエポンクロスは、光沢感と深みのある色が特徴で、穿きこむことで独自の褪色を生む。どんなトップスでも対応できる絶妙シルエット。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.3400 Suede Sneaker

’60~’70年代のクラシックディテールを再現したスエードスニーカーに新色が登場。毛足の長いスエードは履きこむことで独特のムラ感が生まれ、足元のアクセントに最適。

ご購入ページはこちら
RECOMMEND PRODUCTS
クラシックだけど履きやすい。
その秘密は土踏まずの設計にあり。

’60~’70年代、アメリカで採用されたクラシックソールを踏襲したスエードのローカットスニーカー。これ、本当に履き心地がいいんです。その理由は、インソールの土踏まず部分が隆起して、ホールド感をガッチリ 確保しているため。オリジナルで作成した生ゴムもクラシックな佇まい。マスタード、バーガンディ、ネイビーが好評だったので、今季からブラック、ホワイト、グリーンの3色が追加です。

WAREHOUSE NAGOYA

名古屋店

旧きよき、牧歌的な
アメリカを体感できる場所

名古屋の数多のアパレルショップが集まる目抜き通りに店舗を構えるウエアハウスの名古屋店は、東京店と同様のヴィンテージ感溢れる内装。1階はウエアハウス、2階はヘラーズカフェやインポートセレクトに区分けされ、どちらも奥行のあるフロアが特徴的だ。アメリカで使用された古材を活かした店内は、ウエアハウスの世界観に程よくマッチし、旧きよき、牧歌的なアメリカにタイムスリップしたような気分にさせられる。随所に飾られたヴィンテージウエアやアンティークディスプレイを楽しみながら、買い物をどうぞ。

ウエアハウス名古屋店

愛知県名古屋市中区大須3-13-18
TEL 052-261-7889 11時~20時 水曜休(祝日は営業)

ウエアハウス名古屋店の詳細はこちら
ウエアハウス名古屋店

1階は、奥行きのあるレイアウト。アメリカの片田舎の小屋を思わせる温かみのある内装は、ドアやディスプレイなどの細部も抜かりなし

STAFF SNAP
ウエアハウス名古屋店 コーディネート写真
シャドウボーダーの無地Tは、
1枚でも主役級。

ウエアハウス名古屋店/髙木幹人

シャドウボーダーが映える無地Tをメインにしたショーツスタイルは、シンプルな着こなしだからこそ発色よいスエードスニーカーがよく似合う。コーデュロイキャップをはね上げ、裏地の緑をシューズと色合わせ。

EBBETS FIELD FLANNELS × WAREHOUSE
Corduroy Sports Cap “WH”

クラシカルな佇まいのBBキャップはアメリカの老舗メーカー、エベッツフィールドフランネルとウエアハウスの共同開発。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.3076 Triple Stitch Work Shirts

古謝さんが着用したトップスと同品番となるブラックシャンブレー。身幅・着丈をアップデートしモダンなシルエットに。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.4601 Henly neck

シャドウボーダーの生地は12番ムラ糸で陰影が出るように編まれた。着込む程にネックラインが緩み、自然な前下がりに。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Duck Digger DD-1550

’60年代、僅かな期間のみ生産された幻のテーパードショーツを再現。生地はウエアハウスのバナーデニムを採用。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.3400 Suede Sneaker

履きこむ程にスエードの質感が増していくローカットスニーカー。発色の良いグリーンが着こなしのアクセントに。

ご購入ページはこちら
ウエアハウス名古屋店 コーディネート写真
インディゴグラデに、
足元はカモフラの遊び心

ウエアハウス名古屋店/古謝良太

シャンブレー×デニムパンツでインディゴのグラデーションをきかせたアメカジスタイルには、足元のカモフラダナーでちょっと遊び心。程よい太さの1937年モデルは、ボリューム感のあるブーツとの相性が抜群。

WAREHOUSE
Lot.4053 Indigo Poket T-Shirts

先染めのインディゴを昔ながらの製法で製作し、チラツキのある生地感が特徴。身幅があり、着丈も程よいシルエット。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.3076 Triple Stitch Work Shirts

’40~’50年代のオーセンティックなワークシャツがモチーフ。ロープ染色のインディゴは洗い込む程に白に近い色に。

ご購入ページはこちら
DANNER × WAREHOUSE
Camo Light

’80年代に製造されたハンター仕様のウィンターライトのカモフラ仕様は、ウエアハウスがダナーに依頼した限定品。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
DUCK DIGGER DD-1004 (1937model)

ベルトループが備わった1922年のモデルを再現。比較的股上が浅く、極端な太さを感じさせないすっきりしたライン。

ご購入ページはこちら
RECOMMEND PRODUCTS
着込むほどに褪色するウエアハウスのTシャツ

ウエアハウス随一の人気品番と言えば12番のムラ糸を使用したシャドウボーダーのTシャツ。10年以上続いているロングセラーです。吊り編み機より台数が少ないローゲージの旧い編み機を駆使し、洗う度にどんどん変化していくので風合いを育てる楽しみもあります。生地に存在感があるのでトップスの着こなしはシンプルに1枚だけで充分!!

WAREHOUSE OSAKA-HORIE

北堀江店

大阪のヴィンテージ・ショップ
エリアに佇む居心地の良いショップ

古着店が軒を連ねることで有名な大阪・堀江。ウエアハウス堀江店はその一角にある。ヴィンテージ・ショップにも負けないクラシカルな外観と、アメリカにある旧い納屋のような内観で、アンティークの什器で 構築された居心地のいい空間となっている。ヴィンテージ服とも相性が高いウエアハウスだけに、堀江エリアに行ったら必ず足を運んでおきたいショップである。

ウエアハウス北堀江店

大阪市西区北堀江1-14-14
TEL 06-6534-7889 11時~20時 木曜休(祝日を除く)

ウエアハウス北堀江店の詳細はこちら
ウエアハウス北堀江店 ウエアハウス北堀江店

他店と同じく什器にはアンティークを使用。そのため置かれるウエアハウス製品もまるでデッドストックのヴィンテージのよう

STAFF SNAP
ウエアハウス北堀江店 コーディネート写真
時代観を意識しつつ、
現代的な着こなしに

ウエアハウス北堀江店/土屋壮太郎

ウエアハウス直営店限定の大戦モデルのデニムジャケットを主役にコーディネイト。太ピッチのボーダーTシャツや、大戦ジーンズを大きくロールアップするなど、さりげなく時代観を合わせた上級テク満載の着こなし。

WAREHOUSE
Lot.2001WWII Donut Button Type

ウエアハウス直営店限定となるデニムジャケット。いわゆる大戦モデルをイメージしていて、ボタンは実在した黒のラッカー塗装が施されたドーナツタイプの特別仕様。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.4050

2インチ幅の太いピッチボーダーTシャツは、一枚で着るのはもちろん、アクセントを効かせるインナー使いとしても有効。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
DUCK DIGGER DD-1003SXX

実在するヴィンテージを忠実に再現するDDシリーズ。こちらは大戦モデルを完璧にトレースした一本。当時の歪な縫製仕様にも注目したウエアハウスの真骨頂。

ご購入ページはこちら

WAREHOUSE OSAKA

大阪店

アーバンな街並みに映える
現代のドライグッズストア

JR大阪駅や阪急梅田駅といった大阪キタの中心にあるウエアハウス大阪店。都会的な街並みにありながらも、落ち着いたレンガ造りの建物に収まる外観は、まるで東海岸にある雰囲気たっぷりのショップのよう。広い店内はウエアハウスのラインナップはもちろん、英国シューズの雄「サンダース」や、NY発のアクセサリーブランド「ジルプラットナー」などを取り扱っていて、どれもウエアハウスの商品にベストマッチする商品ラインナップのセレクトである。

ウエアハウス大阪店

大阪市北区西天満4-15-18プラザ梅新1F
TEL 06-6312-7789 11時~20時 無休

ウエアハウス大阪店の詳細はこちら
ウエアハウス大阪店 ウエアハウス大阪店

味のある古材で構築された店内は、旧き良きアメリカを感じさせてくれる。通りに面しているためバイクのお客さんも多い

STAFF SNAP
ウエアハウス大阪店 コーディネート写真
小ワザを駆使した、大人な着こなし

ウエアハウス大阪店/渡部誠記

クラシカルなストライプカバーオールをサラリと羽織った大人っぽくコーディネイト。シンプルになりがちな首まわりにストールをプラス。袖口やチノの裾をロールアップしてこなれた雰囲気を作り出したお手本コーデ。

WAREHOUSE
Lot.5207 Selvedge Fabric Scarf

セルビッジ付きのシャンブレーを使ったストール。シャツにも使われるライトオンスの生地だけに、肌触りも気持ちいい。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.2110 STRIPE COVERALL

’20年代に実在したカバーオールがモチーフの一着。ストライプは抜染ではなく、白い糸を使い織りでストライプを表現。インディゴロープ染色の生地なので経年変化も期待大。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.4601 Poket

ムラのある糸を吊り編み機にて仕立てたTシャツ。シャドウボーダーと呼ばれる横に段のできる生地感は、まさにヴィンテージのような風合いに。着こむ程に味わいが出る。

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE
Lot.1082 CHINOES

高密度に織ったウエポンクロスを使ったチノ。フロントフライにはナットボタンを使った仕様も再現。太すぎないワタリも◎。

ご購入ページはこちら
SANDERS
Officer Shoes

英国ミリタリーで採用されていたオフィサーシューズ。英国靴らしい上品さと無骨さを兼ね備えた。ウエアハウスのパンツとも相性抜群。

ご購入ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING