WAREHOUSE|ウエアハウスカンパニー

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  ヴィンテージ・ディテールを余すことなく表現したDDシリーズのプロダクツ。
ヴィンテージ・ディテールを余すことなく表現したDDシリーズのプロダクツ。

ヴィンテージ・ディテールを余すことなく表現したDDシリーズのプロダクツ。

実在するヴィンテージの個体差ともいえる歪んだ縫製や特殊なディテールに注目し復刻しているため、ウエアハウスカンパニーのラインナップの中でも特にヴィンテージ再現率が高いDDシリーズ。新たに追加となったデニムジャケットや定番のジーンズと共に、その緻密なディテールに着目してみた。

DD-series

DD-2001 “T-BACK STYLE”

ヴィンテージデニムジャケットの中でもビッグサイズは背面の生地の取り都合のため、中央で生地を繋ぎ合わせる仕様を採用している。その背中の見た目がTの字に見えることから“Tバック”と呼ばれ、近年ヴィンテージ市場で注目を集めている。そのTバックの仕様を全てのサイズに採用しているのがDDシリーズの新作である。シルエットはビッグサイズで着こなした時のように、身幅を広く丈もやや短めに再設定している。

DD-2001 T-BACK STYLE 表
DD-2001 T-BACK STYLE 後
DD-2001 T-BACK STYLE ディティール1

このモデルの最大の特徴ともいうべきTバックのディテール。巻き縫いにて縫製されているため凹凸のあるアタリが生まれる

DD-2001 T-BACK STYLE ディティール2

レザーパッチは加工が施され、まるでヴィンテージのような風合いを醸し出す。上部にはDDシリーズの証であるタグが付く

DD-2001 T-BACK STYLE ディティール3

背面のクラシカルな顔つきを決定付ける尾錠には、バックルタイプの金具を採用している。デニムと共に金属も経年変化が生まれる

DD-2001 T-BACK STYLE ディティール4

ポケットの裏生地にはライトオンスデニムを採用している。そのためヴィンテージと同じく洗うほどにフラップの端が反り返る

DD-2001 T-BACK STYLE ディティール5

ウエアハウスカンパニーの定番ラインナップにも採用される13.5オンスデニム(通称「バナーデニム」)を使用している

DD-2001(T BACK STYLE) ONE WASH

PRICE:34,560円(税込) SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
DD-series

DD-2002 “SIDE PANEL STYLE”

ファーストのTバックモデル(DD-2001)と同じくヴィンテージのセカンドタイプのビッグサイズに見られるディテール“サイドパネル”を取り入れたデニムジャケット。こちらも背面で生地を接いでいるが、中央ではなく両サイドに生地が追加されているのが最大の特徴。こちらもシルエットはビッグサイズを着用した時をイメージし、全てのサイズで身幅を広く、やや短い丈で展開している。

DD-2002 SIDE PANEL STYLE 表
DD-2002 SIDE PANEL STYLE 後
DD-2002 SIDE PANEL STYLE ディティール1

ビッグサイズの身幅を稼ぐため脇腹部分に生地が追加されていることから通称セパレートモデルと呼ばれる

DD-2002 SIDE PANEL STYLE ディティール2

角のあるフラップに対し曲線で針を走らせるスピード感のある縫製。初期のセカンドモデルの特徴を再現

DD-2002 SIDE PANEL STYLE ディティール3

ヨーク部分にギャザーのような細かなシワが生まれるのは、ヴィンテージの縫製仕様に則っているからこそ

DD-2002 SIDE PANEL STYLE ディティール4

ファーストでは膨らんでいるボタン裏だが、セカンドではフラットな形状に。見えない細部まで忠実に再現した

DD-2002(SIDE PANEL STYLE) ONE WASH

PRICE:34,560円(税込) SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
DD-series

DD-1001XX

(1947model)

大戦時の物資統制が終わり、ジーンズが隆盛を極める’50年代へと向かうモデルを忠実に再現。淘汰されたディテールと復活するディテールがあり、無骨なワークウエアから洗練されたファッションウエアへと昇華するターニングポイントと位置付けられている年ともいわれている。膝下から真っ直ぐに落ちた王道のストレートシルエットが特徴で、腰まわりにもゆとりがあるため、クラシカルでワイドな佇まいを醸し出す。

DD-1001XX 1947model 表
DD-1001XX 1947model 後
DD-1001XX 1947model 前後
DD-1001XX 1947model ディティール1

DD-1004と比べるとやや下に配置されたコインポケット。年代を追うごとに下がる

DD-1001XX 1947model ディティール2

巻き縫い部分は9/32インチ幅で縫製されるため、穿きこむことでヴィンテージと同様のアタリを生み出す

DD-1001XX 1947model ディティール3

一本針のミシンにて細かいピッチで縫製しているステッチ。エッジに沿い丁寧に縫製された時代観も再現

DD-1001XX 1947model ディティール4

二本針のミシンで縫製される飾りステッチは緩やかなカーブが特徴。イエロー綿糸を使っている

DD-1001XX(1947 MODEL) ONE WASH

PRICE:27,000円(税込) SIZE:28,29,30,31,32,33,34,36,38

ご購入ページはこちら
DD-series

DD-1003SXX

(1943model)

バックルバックの省略をはじめ、第二次世界大戦の影響で簡素化されたディテールを持った大戦モデルを忠実にトレース。左右非対称のバックポケットや、曲がったベルトループなど戦時下ならではの歪さが現れている。腰まわりにゆとりがありながらも、テーパードしているモダンなシルエットも、実際にヴィンテージで存在していた奇跡的な一本を再現したモデルだ。

DD-1003SXX 1943model 表
DD-1003SXX 1943model 後
DD-1003SXX 1943model 前後
DD-1003SXX 1943model ディティール1

トップボタンには月桂樹を象ったドーナツボタンを採用している。大戦モデルならではの特徴的な仕様のひとつである

DD-1003SXX 1943model ディティール2

戦争中の物資統制の影響で様々な生地が使われたポケットスレーキ。中でも代表的なオリーブのヘリンボーン生地を採用

DD-1003SXX 1943model ディティール3

フロントフライの裏側はロック処理が施されていないため、デニム生地のほつれが出るのもヴィンテージと同様の仕様

DD-1003SXX(1943 MODEL) ONE WASH

PRICE:28,080円(税込) SIZE:28,29,30,31,32,33,34,36,38

ご購入ページはこちら
DD-series

DD-1004

(1937model)

ベルトを巻いて穿くという現代的な穿き方を提案・確立するため、それまで存在していたサスペンダーボタンを省略し、ベルトループとバックルバックのみ備わる1937年モデル。そんな当時の丁寧な縫製と荒々しい雰囲気を兼ね備えた’30年代を象徴する一本を再現。極端な太さを感じさせないワイドストレートで、背面の太もも部分にゆとりのあるドレープが生まれるのが特徴的。

DD-1004 1937model 表
DD-1004 1937model 後
DD-1004 1937model 前後
DD-1004 1937model ディティール1

戦前の旧きよき時代感を象徴するバックルバック。当時と同タイプの二本爪バックルを装飾まで忠実に再現している

DD-1004 1937model ディティール2

サスペンダーボタン時代の名残りでコインポケットの位置が高いのが特徴。また歪な縫製仕様が当時らしさを醸し出す

DD-1004 1937model ディティール3

13.5オンスのオリジナル生地(バナーデニム)を使用している。穿きこむ程に雰囲気のよい色落ちをうみだしていく

DD-1004(1937 MODEL) ONE WASH

PRICE:29,160円(税込) SIZE:28,29,30,31,32,33,34,36,38

ご購入ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING