WAREHOUSE|ウエアハウスカンパニー

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  旧すぎて新しい100年前のワークウエア。

旧すぎて新しい100年前のワークウエア。

今回は100年以上前に作られたワークウエアをモチーフとした新作にフォーカス。ヴィンテージの仕様を忠実に再現しているものの、現代では新鮮な印象を打ち出していた。

Warehouse&Co.

Lot.2212 OPEN FRONT JUMPER

1890年代のデニムジャケットを再現した新作アイテム。当時はプルオーバーが主流とされているが、僅かに存在していたフルオープンタイプを制作。実物のヴィンテージからサンプリングしているため、本縫いで行う縫製仕様やインディゴ糸の染色など、細部まで忠実に再現している。また最も時代感が表れている肩口の直線的な袖付けは、着用時にドロップショルダーとなるため、偶然にも今っぽく着こなすことができるのが面白い。

前後の身頃は一枚の生地で仕立てており、肩部分はステッチが施されない簡素な作りとなっている

両サイドに設けられたスリット部分の頂点には補強としてのリベットが打たれる

前立てや襟部分の裏側にもセルビッジが使われる。後に誕生するGジャンの元祖にも受け継がれる仕様

脇部分の縫製は直角に交差する縫製仕様。シンプルな作りだが19世紀の服ならではの独特のディテールを再現

すべて本縫い縫製なので胸ポケットのダブルステッチも1本ずつ施す。歪な間隔をも忠実に再現

胸ポケットや裾のスリットに打たれた銅リベット。経年により銅が変色しブランドネームが浮き彫りになる

細かな模様が施されたドーナツボタンを採用。もちろんヴィンテージと同様のものをWHが特注で制作している

ネームパッチは当時に倣い布製を採用。着こむほどにプリントが擦れ、雰囲気たっぷりの経年変化を見せる

Lot.2212 OPEN FRONT JUMPER ONEWASH

PRICE:28,000円+TAX SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
Warehouse&Co.

Lot.2211 CLOSED FRONT JUMPER

1910〜’20年代に作られたプルオーバータイプのデニムジャケット。本縫いだけの縫製や、前後の見ごろが一枚の生地で仕立てられているなど、フルオープンタイプと共通する仕様も多い。またフラップ付きのポケットや襟部分にもセルビッジを使うなど、後の時代に生まれるGジャンの仕様が垣間見れるディテールにも注目したい。

2つのリベットを打つことで前立て部分の引き裂けを防止する。当時のワークウエアのヘビーデューティな仕様

ポケットにフラップやリベットが備わる仕様も、後に誕生するGジャンへと受け継がれる元祖とも言えるディテール

前立て部分の下部で左右の身頃が重なり縫製されている。色落ちすることで縫合部分が顕著に表れる

Lot.2211 CLOSED FRONT JUMPER ONEWASH

PRICE:28,000円+TAX SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
Warehouse&Co.

Lot.1880 WAISTOVERALL

片ポケット、シンチバック、ベルトループなし、といった旧い時代の意匠が際立つウエストオーバーオールを再現。注目すべきは、本来リベットが打たれるポケット部分に無数のステッチが入っている仕様。これはリベット補強に関する特許が1873〜1890年まで有効のため、このモデルは、その間に作られたものと判別できる。Lot.2211,2212ジャケット同様、すべて本縫いで仕立てられる縫製仕様は、高級シャツなどで使われるテーラーの技法が採用されている部分にも注目したい。

前立てに使われるドーナツボタンも、細かな模様まで完全に再現。鉄製のため経年により錆が生じる部分までヴィンテージと同じ仕様となっている

湾曲した独特な形状のコインポケットは、腰帯部分に挟み込むことでリベットを使わずに補強の役割を果たしている。当時ならではの高い位置にも注目だ

当時の特許の関係でリベットが使えないため複数のステッチを施している。ポケット口が裂けないための補強だが、デザイン的にも秀逸

クロッチ部分には当て布が縫い付けられる。現代のジーンズは巻き縫いだが、折伏せ縫いのため、引き裂けや擦れを防止するために設けられる

ベルトループが付かない時代のため、布製のタグが中央にあしらわれるのが特徴。シンチバックも2本針仕様でヴィンテージと同じ金具を再現

かつてアメリカ大陸に自生していた「イエローインディゴ」の葉を彷彿させる飾りステッチ。片ポケットと相まってクラシカルな雰囲気を盛り上げる

バックポケットにも多重ステッチによる補強があしらわれる。やや歪なステッチの雰囲気も忠実にトレースしているため、ヴィンテージらしい顔つきに

サイドは高級シャツにも使われる折伏せで縫製されるのが特徴。既製服やオーダーメイドの定義が曖昧な時代ならではの仕様といえる

Lot.1880 WAISTOVERALL ONEWASH

PRICE:29,000円+TAX SIZE:28~34,36

ご購入ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING